FC2ブログ

有限創作せくしー アヲゾラ製作所

プロジェクトデザイナー おがた淳信の血と汁の物語

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

プロフィール

楽天

ツイッター

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

月別アーカイブ

更新メール通知

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

おがた淳信の本棚

誰にでもできる作詞講座―君も今日から作詞家 


奥平 ともあき / ドレミ楽譜出版社(2003/10/09)
Amazonランキング:442782位
Amazonおすすめ度:
作詞ってこうやれば良いのかぁ!

作詞といえば音楽ですが、音楽よりもネーミングやキャッチコピーの観点から勉強しました。

良いコピーや言葉は良いメロディを持っています。

良い音感と語感をあわせた言葉はなかなか理屈で作ることはできません。


まさに、コピーは言霊といっていいほどのきまぐれで、

たくさんの努力をしたあとに
 フッと湧いてくるものです。


わたしはこの努力を「お祈り」と読んでいます。


ですが、
 お祈りの姿は第三者には滑稽に見えるものです。


お祈りはなかなか通じないものでもありますので、
こうして、

理論を学ぶことでお祈りが通じるまでに自力で
なんとかしてみるのです。


自力でなんとかしたものは
 たいてい「ステ案」になってしまいますが。

「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 

「アマゾン・ビジネス経済ランキング」NO.1に輝き、発売わずか11日で重版になり、早くも10,000部を超えたベストセラービジネス書籍『「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング』の著者で、ネクストサービス代表の松尾昭仁さんから、大変お得なお知らせが届いています。■無料メールレポートを期間限定で進呈!ベストセラー書籍【「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術】著者 松尾 昭仁の書下ろし無料レポート【「その他大勢」から少しでも早く抜け出し成功するための、本には書けなかった5つの超法則】1日1法則ずつ、5日間にわたって無料配信→ http://www.next-s.net/book2/------------------------------------------------------------『「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング』(日本実業出版)http://www.next-s.net/next/amazon_sonota.htmlの内容と連動した 無料メールレポートです。(1日1法則ずつ、5日間にわたってメールレポートを配信いたします。)------------------------------------------------------------■その無料メールレポート、気になる内容は?【1日目】上司が馬鹿だ、という人はチャンスあり【2日目】その他大勢から抜け出す人は上流を押さえる【3日目】アウトプット前提のインプットをせよ【4日目】仮想の敵を作り、対決姿勢でファンを作れ【5日目】完全ないい人ブランディングをしてはいけない※1日目の無料メールレポート「上司が馬鹿だ、という人はチャンスあり」は、下記にお申し込み後、すぐにあなたのメールボックスに届きます!------------------------------------------------------------■無料メールレポートを期間限定で進呈!【「その他大勢」から少しでも早く抜け出し成功するための、本には書けなかった5つの超法則】→ http://www.next-s.net/book2/

幽玄漫玉日記(1) 

防衛漫玉日記が終了後に、コミックビームで連載が再開された日記マンガ。


当時、連載時は職場の方の単行本を読ませてもらっていたのですが、
私のおかれた状況や精神状態とおもしろいくらい似ていました。


軽いウツの症状といわれているように
 まだ、自虐的で、自ギャグの範囲で
 本人や周囲もまだまだ、楽しんでいるような感じが


読んでいてこころよいです。


ですが、
なるべく読まないようにしています。


ブックオフで購入したのは昨年になりますが、
 いつ、読んでもてウツが伝染するすごいマンガです。


友人にあげたつもりでせいせいしていたのですが、
 先日、返ってきました。

爆笑問題の戦争論―日本史原論 

読みやすい教科書と考えれば、良書だと思います。
学校では習わなかった、
江戸時代以降の日本史を詳しく解説したような印象です。
お笑い芸人の著書として致命的なのは、おもしろくないところです。
苦笑すらできませんでした。ホントに爆笑問題。

逆に余計なチャチャが入っているようで、読みにくさすら感じました。

最後のあとがきで爆笑の方の人が書いていたことが良かったです。
「バカなことやってるかもしれないけど、
 今、やっておきたい」
 
 みたいなことでした。
 
歴史についてのギャグ意外は
故意にはずしているようで、
著者の意見や見解は感じられなかったのが、残念です。

読みやすい歴史教科書ならば、小林よしのり
のマンガの方が読みやすかったですね。

かたより過ぎている。と、いう意見もありますが、
それぐらいでも良いと思いました。

わたしは影響されたり、感化されたりすることは
 大いに結構だと思います。
 
それを自覚して、実践して経験として
身につけていけば良いと考えています。

そのためには、喰わず嫌いをせず、
 どん欲なまでにいろいろな意見を取り込もうとしています。
 
それが「良い」「悪い」「正しい」「間違っている」
 なんてことは他人にとってはどうでも良いことだと思います。
 
わたしがそう思えばそうですので、
 押しつける必要はありませんよね。
 
もちろん、押しつけられる必要もないですものね。

そういう中立な立場や
 柔軟な考え方を持ってゆきたいですね。

幽玄捜索 

事業化してから8年近く活動を続けている「有限創作せくしー」ですが、
 このたび、組織改革を行うことになりました。

おかげさまで「有限企画集団セクシー」から足がけ11年になります。


本来は閉鎖するのが妥当ですが、

 せっかくなので赤い方の扉を選ぶことにしました。

これからは
 おがた淳信の読書記録をメインにした
   ごく私的な内容として更新していく予定です。

新組織「有限創作せくしー(仮)」の拠点が決定次第、
  こちらにてご報告させていただく予定です。

これからも、よろしくお願いいたします。

 そうでないかたは

 これからは、よろしくお願いいたします。